「LOKKI500」スカイフライヤー ペンダントランプ
5843c3d79821cc16fd00cd03 5843c3d79821cc16fd00cd03 5843c3d79821cc16fd00cd03 5843c3d79821cc16fd00cd03 5843c3d79821cc16fd00cd03

「LOKKI500」スカイフライヤー ペンダントランプ

残り3点

¥59,000 税込

送料についてはこちら

材質/カラー:シェード/ アクリル サイズ/直径500 高さ280mm 重量/2.5kg ランプ/普通球 60W×1※電球付 口金E26 引掛シーリング取付型 使用可能 電球型LED E26または省エネランプ[蛍光灯] E26 電球形蛍光灯 簡単に高さの調整出来るコード調整式引っかけシーリング、1.5mコード付(約87cm調整可能) デザイン/ ユキ・ヌンミ(Yuki Nummi)ブランド/イノルクス 生産国/フィンランド バリエーション/サイズ違い Lokki700(直径700mm)/¥69,000も有り。 ユキ・ヌンミ/Yki Nummiによってデザインされた「Lokki 500」は、タイムレスなペンダントランプ。「Lokki 500」は通称「スカイフライヤー」と呼ばれ、コピーも出回ったほど有名なデザインクラシックです。一般の家庭はもちろん、吹き抜け等の色々な空間に調和します。白いアクリルシェードの内側から通った光がお部屋を優しく包みます。 ユキ・ヌンミは1950年代と1970年代の間に働いていた最も顕著なスカンジナビアのデザイナーの一人と考えられています。彼は1950年から1975年にフィンランドのストックマン・ウーン島の照明器具工場用の照明デザイナーとして働いていた、この期間中に照明器具の数百をデザインをしました。ユキ・ヌンミの最もよく知られている照明器具はまた、「フライングソーサー(スカイフライヤー)」として知られているLokki700&500のペンダントランプです。ユキ・ヌンミは、まず第二次世界大戦後に大学で数学と物理学を学びました。その後、彼は彼の教育に基づいて1950年にヘルシンキでの応用芸術研究所で装飾的な絵画の学位を取り、ユキ・ヌンミは特に光と色の関係において、しっかりした理論的基礎を持っていました。 ユキ・ヌンミは、アクリルのランプのデザインにおいて、この分野のパイオニアでした。20世紀の初めに新たな材料としては、アクリルは、ランプの設計に無数の新たな可能性をもたらしました。実際には、ユキ・ヌンミは非常に先入観なしにプラスチックを使用しました。彼の見解では、アクリルの興味深い特徴は、その成形能力、均質な性質とガラスのそれよりも優れた衝撃強さでした。照明を設計することに加えて、 ユキ・ヌンミは、配色やデザインの専門家でした。1958年から1975年の間に、工場の設計と計画部門の責任者として、シルト&ハルベルクのTikkurilaの塗装工場で働いていたとき、革新的なカラーチャートを生成し、新しい塗料混合システムのためのR&Dに参加しました。 ユキ・ヌンミは、展示会や見本市の多くに参加しました。彼は1954年と1957年のミラノトリエンナーレで彼の作品の金メダルを授与された際 "「人々は光を買っているのであり、人々はランプを購入しているわけではないのです」とフィンランドを代表する照明デザイナーのユキ・ヌンミは答えていたそうです。※こちらの製品はストックマン・オルノ社が生産をやめたあと、正規にライセンスを引き継いだフィンランド照明会社がイノルクスが生産しています。